細田守監督竜とそばかす姫あらすじ予想竜の正体は佐藤健!

サマーウォーズ、おおかみこども雨と雪などで有名な、細田守監督が2021年夏に最新作を公開!

カンヌ国際映画祭にも選出され上映が決定し話題となっていますが、今回はどのようなお話しなのか気になって調べてみました。

スポンサーリンク

竜とそばかす姫あらすじ

今回の主人公は自然豊かな高知の田舎に住む17歳の女子高校生・すず。

彼女は幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らしをしています。

母と一緒に歌うことが大好きだったすずは、母がいなくなったことをきっかけに歌うことができなくなってしまいます。

すずは曲を作ることだけが生きる糧となっていました。

歌う事はできませんが曲作りだけはしていたのです。

そんなある日、親友に誘われ、全世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>に参加することになります。

<U>では、<As(アズ)>と呼ばれる自分の分身を作り、その世界でまったく別の人生を生きることができます。

歌えないすずが作ったのは「ベル」。

そしてベルは<As>としては自然と歌うことができました。

ベルの歌は瞬く間に話題となり、歌姫として世界中の人気者になっていきます。

数億の<As>が集うベルの大規模コンサートの日。

突如、轟音とともにベルの前に現れた「竜」と呼ばれる謎の存在によってコンサートをめちゃくちゃにされてしまいます。

乱暴で傲慢な竜ですが、抱える大きな傷の秘密を知りたいと近づくベル。

一方、竜もまた、ベルの優しい歌声に少しずつ心を開いていくのでした。

しかし、<U>の世界の人々は、竜が、秩序を乱すものとして、竜の正体を暴こうとします。

正義を名乗る<As>たちは竜を執拗に追いかけ始めるのでした。

<U>と現実世界の双方で誹謗中傷があふれ、竜を二つの世界から排除しようという動きが加速してしまいます。

ベルは竜を探し出しその心を救いたいと思うのでした。

そしてそんな鈴とベルが奇跡をおこします。

竜とそばかす姫のモデルは「美女と野獣だった」

細田守さんのインタビューによると竜とそばかす姫のモデルは「美女と野獣」と語っています。

現代の美女って何だろう?という事を考えた時にインターネットの世界で表現されています。

竜とそばかす姫主題歌は?

millennium paradeが主題歌を歌っています。

millennium parade × Belle シングル『U』というタイトルで映、画の主人公 Belle を演じるシンガーソングライターの中村佳穂さんが一緒に歌っています。

すずとベルの二役を演じている中村さんですが、どんな歌声を披露しているのでしょうか。

竜の正体は誰?

竜の声優は俳優の佐藤健さんという事が発表されました。

竜の正体は登場人物の中の男性がささやかれています。

実は身近な人物の可能性もあります。

小説では父親との和解するシーンがあります。

竜が父親ではないか?という考察もありましたが、ポスターのベルが竜に触れるシーンが親子の関係ではないという声もあり、父親ではないようです。

竜とそばかす姫あらすじまとめ

仮想世界で歌う力を取り戻したすずがひとりぼっちの竜を救うお話し。

と同時にすずの人生にも大きく影響する。

リアルの世界に戻った時のすずの日常にも注目されます。

リアルの世界では生きずらさも感じていても、オンラインの世界では別人になれます。

だからこそ、ネットの世界に浸りすぎて、その世界をリアルに持ち出して、個人を誹謗中傷し始めてしまう。

という悲しい事件も増えてきました。

リアルとオンラインの世界の楽しみ方に警鐘を鳴らすという映画にもなるようです。

竜とそばかす姫の公開は7月16日からです。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました